3Dスキャナによるスキャニング

 

 

人物/工業製品/家電などを最適スキャニング

 

人物の場合は人体に影響のあるレーザー方式ではなく

フラッシュ式スキャナを使用します。

 

スキャンに要する時間は顔のみの場合で

5秒程度と短時間で計測可能です。

 

Artec 3Dスキャナを基本とし、レーザー光方式、

CT方式、ホールボディ(全身)など対象物に合わせた

各種スキャニングが可能です。

 

 


<顔のみの場合>

3Dスキャン

高解像度テクスチャ撮影

穴埋めなど最低限のデータ修正

 

以上で破格の10万円〜!

高品質のスキャンを低価格でご提供!

 

*上記の価格はモデリング/テクスチャマッピングは

含まれておりません

 

人物全身/多数カット/自動車/家具/家電/工業製品

などのスキャンもお問い合わせください。

 


3Dスキャンの流れ

<3Dスキャン>

 

スキャンデータはそのままでは表面の荒れや、

欠損データなどが生じます。

ZBrush RHINOCEROUSなど3Dソフトでモデリングし、

使用する最終目的に沿った調整、修正を行います。

 

この調整部分が最終的なクオリティに影響します。

また価格面が最も左右される部分でもあります。

スキャンデータそのままの納品や

モデリング後の納品が選べます。

 

データ出力形式はSTL/OBJなど各種ございます。

 


<モデリング>

 

3D原型製作などは高密度ポリゴンのまま出力し、

モデリングするため、3Dプリンターや

金属切削による金型製作などにスムーズに

入ることができます。

 

モデーラーによる一からの製作に比べ期間と費用が

圧縮できるだけでなく、スキャン精度は誤差1%以下

「似ていない」「イメージが違う」などの

問題発生を少なく出来ます。

 


<ローポリゴンへの変更>

 

四角ポリゴンへの変換することでCGと相性の良い整ったデータへと

変更することもできます。

 

またローポリゴン化によりシステム負荷を減らすことができます。

 


<高画質のテクスチャ>

 

3Dスキャン時に写真撮影も行うことが可能です。

写真データは実際にキャリアのあるスチールカメラマンが

プロ機材にて行います。

高品質なテクスチャデータの取得が可能です。

 

ローポリゴン化したデータに高画質の写真データを

UVマップとして貼付けることで、

CG、ゲームキャラクターなど最終的な調整が

映像などの場合は最小限のモデリングデータを

3ds MaxやMAYA、Cinema4Dなど

お使いの既存のベースに高品質なテクスチャを施した顔を

貼付け低予算で最大の効果を狙うことが出来ます。